近年登場した小顔治療【ボトックスの特徴を徹底調査】

小顔効果のある治療

看護師

ボトックス注射で小顔に変身するには

多くの女性は小顔に憧れています。テレビや雑誌で活躍する女優やモデルは、ほとんどが小顔です。小顔だとスタイルも良く見えます。しかし、この小顔を手に入れるのは、そう簡単なことではありません。顔は痩身が難しい部位だからです。単純にダイエットをしたからといって、小顔になることは少ないのです。顔に付いている脂肪が原因で顔が大きく見えていたのであれば、多少小顔になることが出来るでしょう。しかし、ほとんどの場合は、脂肪ではなく、エラの筋肉が発達して顔が大きく見えていることが多いのです。なので、小顔を目指したいのであれば、ボトックス注入を行ないましょう。ボトックス注入とは、ボツリヌストキシンという成分をエラ部分に注入して、エラの筋肉を縮小させる治療法です。直接筋肉に作用することで小顔効果を得ることが出来ます。エラの張ったホームベースのような輪郭は、男性的な印象を与えてしまうので、是非、ボトックス注入をして理想の輪郭を手に入れましょう。けれど、実際にボトックス注入を行なう場合には、病院をしっかり選定しましょう。実は、ボトックス注入は医師の技術力によって、効果に差が出てしまいます。ボツリヌストキシンの注入量や注入部位を誤ってしまうと、表情に違和感が出てしまうことがあるのです。なので、ボトックス注入の実績がある病院を選びましょう。そして、初診時のカウンセリングをしっかり受けるべきです。カウンセリングでは、医師の対応をチェックしましょう。ボトックス注入のメリットだけでなく、副作用などのリスクやアフターケアなどについてしっかり教えてくれる医師かどうかチェックしましょう。また、ボトックス注入は、妊娠を希望している人、妊娠中の人、授乳中の人は禁止されています。胎児や赤ちゃんに影響が出ると言わけではありませんが、万が一のリスクを避ける為にもほとんどのクリニックがこのような対応をとっています。なので、もし、該当するのであれば、医師にきちんと伝え、ボトックス注入以外の治療方法を提案してもらいましょう。ボボトックス注入以外の治療方法には、糸を利用したリフトアップや骨削り・骨切り術などもあります。これらの治療方法はメスを使用する治療法ですが、ボトックス注入よりも持続効果が高くなります。このように、小顔治療といってもいくつかの治療方法があり、各美容外科でオリジナルの手術メニューを揃えていることもあります。なので、医師に相談したり、自身で情報を収集したりして、納得のいく小顔治療を受けましょう。