近年登場した小顔治療【ボトックスの特徴を徹底調査】

ボトックスの小顔効果とは

顔を触る人

小顔は昔なら顔にメスを入れて皮膚を引っ張る必要があって、なかなか気軽には行えないものだったが、近年はボトックスと呼ばれる注射1本で行える小顔が登場したことで誰でも気軽に目指せるようになりました。

More...

ボトックスによる小顔とは

注射

エラの筋肉を少なくして小顔にするボトックスは、注射をするだけなので即日対応可能です。注射をした後は、体が温まりすぎないように注意しましょう。また、料金をお得にするには、美容モニターやキャンペーンを活用するのがおすすめです。

More...

ボトックスで小顔になる

医者

ボトックスで小顔を目指すメリットと特徴

現在、小顔の美容治療といえばボトックス治療が一般的に認識されています。ひと昔前の小顔治療は、メスを用いた大掛かりなものでした。しかし、ボトックス治療が登場して以降、気軽に小顔を目指すことが可能になっています。このボトックスは、ボツリヌス菌のことです。この菌は、筋肉を麻痺させる作用があります。このボトックスを咬筋に注入することで、咬筋が弱まり、エラを解消することが出来ます。エラを解消することで女性らしい輪郭を手に入れることが可能ですし、必然的に小顔になります。効果は約半年程度となっていますが、費用も数万円とお手頃です。さらに、極細の注射針で注入していくので傷跡も残りません。顔に施す治療なので、傷跡が残るのではと不安に感じている人も多いですが、心配は不要です。しかし、メリットばかりではありません。持続効果以外の注意点もあります。それは、人によって小顔効果が実感できないことがあるということです。顔を大きく見せいている原因がエラであれば、高い交顔効果を実感できます。しかし、頭蓋骨の骨格や顔に付いている脂肪が原因の場合には、効果を感じることが難しくなっています。その為、治療前のカウンセリングで他の治療法を提案された場合には、しっかり説明を聞きましょう。説明を聞かずに、自己判断でボトックス治療を選択すると、治療費用がもったいなくなってしまうこともあります。また、カウンセリングの段階で、アフターケアや副作用のリスクについてもきちんと教えてもらいましょう。これらのことを教えてくれないクリニックの医師は信用することが難しいので、他のクリニックでボトックス治療を受けるべきです。基本的に、副作用が発症する可能性が低い治療ですが、担当医の技術力によっては、副作用を感じてしまうこともあります。その副作用とは頭痛やめまいの発生や不自然な表情になってしまうということです。しかし、治療実績があり、腕のいい医師に依頼することによって、この副作用は避けることが出来ます。これらの副作用が発症する原因は、注入箇所や注入量の誤りがほとんどです。なので、ランキングサイトなどの情報サイトをチェックして、腕のいい医師を見つけましょう。また、ボトックス注射直後のフェイスマッサージが原因で副作用が発症することもあるので、治療と直後はセルフマッサージやエステマッサージは控えましょう。これらの点をきちんと把握しておけば、理想的な小顔を手に入れることが出来るはずです。

ボトックスで小顔を目指す

カウンセリング

昔は小顔になるにはメスを使って皮膚を切開して引っ張って縫合するというのが一般的だったが、近年はボトックスと呼ばれる方法を使えば体に傷を付けなくても小顔を目指すことができるようになりました。

More...

小顔効果のある治療

看護師

多くの女性が憧れる小顔になる方法として、ボトックス注射を受けるという方法が手軽でありおすすめ出来ます。ただしボトックス注射が受けられない人もいます。その為、初診カウンセリングでは医師の話をきちん聞きましょう。

More...